PMS

こんなにPMSが重いのは自分だけ?

PMSとは、月経前症候群の略称です。生理前の3~10日の間に続く、精神的あるいは身体的症状です。生理前の時期はイライラしやすかったり、気分が落ち込んだりしやすい上、肌荒れやむくみが気になるなど、PMS(月経前症候群)による不調に悩まされる女性も多いはず。

PMSの症状が重くなるのは、ホルモンの影響をはじめ、ストレス・性格考え方・食生活・自律神経・体力低下など、様々な原因が考えられますが、骨盤まわりの筋肉が原因になっているかもしれません。

骨盤まわりの筋肉群がちゃんと骨盤と連動していると、生理の周期に合わせて、骨盤はうまく開閉してくれます。ところが筋肉が硬くなると、スムーズに連動しないのです。
骨盤まわりの筋肉の緊張が、骨盤のスムーズな開け閉めがしにくくなってしまうのです。
筋肉の力み緊張をとってあげると、楽になる可能性があります!!

PelvistでできるPMSへのアプローチ

①PMSでおこるむくみや腰痛、頭痛などを筋肉へのアプローチによって血液循環をよくし緩和させます。
②骨盤の歪みによって子宮への負担でホルモンバランスが崩れたりしてる部分は、骨盤矯正で歪みをとっていきます。
③ハンモックに乗って中空での施術は、自然にカラダを正しい姿勢に導き、無駄な力が抜けることで心身共にリラックスでき、ストレスやイライラから解放されましょう。

タイトルとURLをコピーしました